パソコン 買ってきた

【ASUS RT-AX56U】最新規格WiFi6対応ルーターに変えたら無線LAN速度が爆上がり(11M→410M)

ルーターのwifiが不調なので試しにAmazonで安かったASUS RT-AX56Uを導入してみたら衝撃受けたお話と感想

WiFi6をそもそも知らなかった

最近、Switchや携帯の台数が増え、スマートスピーカーも1部屋1台設置する勢いで増殖中、PCも無線化したことにより無線LANの使用率が爆上がり。

製品が古いせいか、壊れてるのか、はたまた接続機器の台数が多すぎるせいか。。。無線LANの調子がものすごく悪く頻繁に通信が切れます。そんな我が家の無線LANは3年ほど前に購入した中古のBUFFALOの【AirStation NFINITI HighPower Giga WZR-HP-G450H】です。というか「でした」。

AirStation NFINITI HighPower Giga WZR-HP-G450H
AirStation NFINITI HighPower Giga WZR-HP-G450H

調べてみたら2011年発売の製品でした。。。古い! 古すぎる!!!なんだこりゃ!?ていうか2018年2011年のルーター買ってきたのは誰だ~?

~(˘▾˘~) 私だ~

amazonの春セールが始まるということでWi-Fi関連商品をチェックしていたところ最新規格のWifiルータが10,000円を切る価格で販売されることを発見。セール開始と同時に製品を購入しセッティングしたところ・・・

無線LANの速度が10倍以上速くなったのです!!!

「なんでもっと早く買い換えなかったのか」と後悔するレベルで、超快適爆速となりました♪今回は購入製品についての感想と速度の測定結果をレビューしたいと思います。

購入製品は【ASUS RT-AX56U】

※amazonセールでは9,001円でした。

 現在セールは終わっていますが、2021年4月30日(金)まで5%オフクーポンがあります。楽天は若干割高ですので、楽天マラソン等ポイントアップ時かポイント消化で購入されることをオススメします。

価格コムやamazonの口コミでもなかなかの高評価です。初期不良のトラブルが発生した方もいらっしゃるようですが、精密機器にはつきものです。トラブル報告も評価件数の割には多くないのでよしとしました。

設置してみた

こちらの製品、基本横置きです。

ASUS RT-AX56U本体写真
カブトガニのよう

同製品を使用中の方々の設置方法について調べてみたところ、100円ショップのA4サイズクリアスタンドを使用して縦置きにしたり、壁掛け状態で設置している方もいらっしゃるようです。

設定してみた

ネットワークマップという設定画面では、ネットワークのセキュリティ設定、ネットワーククライアントの管理、USBデバイスの管理を行うことができます。

ASUS RT-AX56U設定画面

かなり細かく設定できます。接続機器のモニターもバッチリ可能になっています。何がどのくらいの時間接続されているか、通算の時間を監視してくれてます。

また特定のクライアントのネットワークアクセスをブロックする設定も可能です。最近のルーターの設定アプリは色々進化しているのでした。

ユーザーマニュアルはオンラインで参照できるので助かります。
公式はこちらです。→「ユーザーマニュアル

速度・電波の届く範囲について

速度は驚くほどアップしました!

現在使用しているデスクトップPCは去年の夏に組み立てた自作PCなのですが、これにはWifi6対応のTP-Link Archer TX3000Eという無線LAN&Bluetoothアダプタを載せて無線化しています。このときの平均速度は63Mbps。※詳細はこちらの記事になります

これでも以前使用していたノートPCの無線よりも6倍近く早くなっていたので、満足していたのです。今回新しいWifiルータに変えていつものサイトで測定してみたところ、、、
え?

ASUS RT-AX56U導入後計測してみた
どういうこと?

約7倍もスピードアップしているではありませんか。これは大成功です! 参考までに我が家の過去の無線速度の変遷をアップしてみました。

ASUS RT-AX56U導入しての無線速度比較
今までは何だったの

夕方以降の回線が混む時間帯や家族全員が同時に無線LANを使ったとしても、平均的に120Mbpsほどの速度が出ていますので、以前使用していたBUFFALOの無線LANよりも倍は早いことになります。

ここで特筆すべき点があります

上記のスピード計測は受信側Wi-Fi 6に対応済みです。自作PCに「AX3000 Wi-Fi 6 Bluetooth 5.0 PCIe アダプター」を装着しての結果です。ルーターがWi-Fi 6の電波を飛ばしても受信側が対応していなければこの速度は出ませんのでご了承ください。

リビングで使用しているPCに「AX3000 Wi-Fi 6 Bluetooth 5.0 PCIe アダプター」を導入した経緯はこちらでご紹介していますので宜しければご参照ください。
TP-Link Archer TX3000Eで自作PCの高速無線LAN+Bluetooth環境構築!【給付金10万円PC】
というか1年ぐらいこのアダプタ本領発揮してなかったのに「速度上がった!」って喜んでました(⊙ꇴ⊙)

しばらく使ってみての感想

我が家は横長の間取りのマンションです。
無線ルーターを一番端のリビングに設置している為、反対側の寝室はいつも電波が届きにくく、中間に位置する部屋に別の無線LAN(今回撤去したBUFFALOよりも更に古い機器)を設置していました。

しかも、中継機ではなく別の機器なので、間の部屋の電波につなぐときは手動で切り替える必要がありました。新しい【ASUS RT-AX56U】は、電波が奥の部屋までしっかり届いており、間の部屋に設置している無線LANよりも速度が出ます。

これで間の部屋に設置していた古い無線LANも撤去できそうです!スッキリ♪♪
ですが、奥の部屋まで電波は届きますが、さすがにリビングよりは速度は落ちます、、、

ASUS RT-AX56Uメッシュ(AiMesh)機能

いつか導入したいのはASUS RT-AX56Uに搭載されている【メッシュ(AiMesh)機能】です。これにより複数台のWifiルータをメッシュ機能でつなぎ合わせると、家庭全体に単一のネットワークを構築することができます。そしてネットワークを切り替える必要もないのです!!

くわしくは、ASUSのメッシュ(AiMesh)機能説明ページをご参照ください。

かえてよかった!快適Wifiライフが実現!!

最新規格のWifi6対応機器で、電波も強くなり、速度もぐーんとアップしました!

通信が頻繁に切れる現象もほとんどなくなりました。最新のゲーム機PS5、iPhoneシリーズだと11以降、AndoroidもWifi6対応機種が増えてきています。

電波を受ける側もWi-Fi6でないと恩恵は受けられないのですが、今後のことを考えると、無線LANルータを購入するのであれば、若干割高でもWi-Fi6の製品を購入することをオススメします!

今回我が家では【ASUS RT-AX56U】を選択しましたが、機能を絞ればWi-Fi6対応機種が5,000円台から購入できます。必要な機能を考慮して製品スペックを選ぶといいでしょう!

この記事がみなさまの参考になれば幸いです!

最後までお読みくださりありがとうございましたm(_ _)m

もしもお役に立てたならぽちっとお願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ記事

-パソコン, 買ってきた
-, , ,