DIY ライフ

【DIY】木製フレームの棚が欲しい!木製ラック第壱弾「プリンターの台」を製作してみた。

PC用プリンターの台の金属製ラックが錆び錆びで我慢ならなくなったので木製の棚を作ってみました。

仮組みまでは調子良かったのですよ

ある時、偶然に訪れたセレクトショップで木製のフレームを組み合わせた商品棚を見かけまして、とても良い感じだったのをずっと覚えていました。

自分も木製の棚を作ってみたくなり、手始めにプリンターの台作りに挑戦してみました。

因みに今のプリンターの台はルミナスのラックなのですが高さが2段しかなく、プリンターを置いた上の部分の空間が無駄になっています。しかも若干サビが出てきている為、見た目にもキツくなってきていました。

早速設計図を作成

プリンターのサイズと今の設置状態を計測して大まかなスペースを求めました。それをもとに設計図を書きます。

設計するとき、エクセルの図形オブジェクトを部材に見立てて配置していきます。ポイントとしてはその図形の寸法を実寸で定義していることぐらいでしょうか。

実寸で記載しておくと組み立てたものがイメージ付きやすいからです。ただ、これをやるとExcelではものすごく巨大な図になるので縮小表示しています。
とりあえず板材を切って組み合わせた状態を上部、正面、横の3種類として設計図を作成してみました。

本当はフリーの木工用CADアプリとかを使いこなしたいんですが、ものぐさなのでついつい手を抜いています。

見難いですが参考程度の設計図です。

木製フレームの棚上から
上から見た所
木製フレームの棚横から
横から見た所
木製フレームの棚正面から
正面から見た所

部材の種類と本数は以下のようになりました。合計18点です。

寸法 (単位Cm)本数備考
314縦棒
455天板部分
452横(梁)
392下部分正面と奥
372下部分左右
373下段内側

ポイントとしては天板の部分を板ではなくて何本かの棒を並べた形にしているところです。プリンターを置くだけの台なのに結構な分量になってしまいました(汗

天板に板を採用しなかったのが原因です。しかし天板はプリンターが乗るのでちゃちな作りだと荷重に耐えられない恐れがあるのでここは仕方無しです。

まあ天板は正方形の板でも良かったんですが前回別の用事でその板をナフコで探したとき、丁度いいサイズの木材が中々なお値段だったこともあり断念した経緯がありまして。なぜ大き目の板材は結構なお値段なんでしょうか❓

※別の用事とは、ダイソンのスタンドを作成したときのお話です。

素材を調達、いつものナフコへ

早速ナフコに行って部材を調達してきました。丁度いいのがあったのでこれの6本セットを購入です。

クルマが無いと持って帰れません

後に後悔したんですが、この時に木材のカットもついでにお願いしておけば良かったと思いました。自分だとどうもきれいに木材をカットできないです。

因みにですが、ナフコでは店舗にもよりますがなんと購入した木材は「サービス」でカットしてくれます。あくまでサービスですので精密な加工とかは断られます。
そのあたりは常識の範疇で店員さんにお願いしてみてはいかがでしょうか。

繰り返しますがナフコの木材カットのサービスは「店舗によります」。
お間違えの無いようお願いします。

で結局店舗でカットしなかったので自宅で設計図通りに部材をカットします。
切った木材は長さがそれぞれ微妙に異なるのでセロハンテープに部材種類を記載し、カットした木材に貼り付けます。勿論後で剥がします。

出来上がりがイメージできるようにとりあえず仮組みしようと思います。組み立てに着手します。

木製フレームの棚の仮組み開始
ここからです

一気に組み立てます。

仮組みは全体のイメージを掴んだり、どこにビス止めするか位置を確認するのに便利なのです。※そこは設計しないのは何故なのかと聞こえてきそう

仮組みの固定方法ですが養生テープでペタペタとはりつけていきます。結構組み立てには時間がかかりました。
底面が床上30ミリなのでそこに時間かかりました。

木製フレームのプリンター台仮組したところ
仮組するとイメージが湧きます

塗装していない状態なのですが概ね、設計図通りです。
このままでも良いかな~と思ったんですがやはり塗装することにしました。

仮組みで大体のイメージができたので次は木工ボンドで接着します。
ポイントとしては隙間の間隔を揃えたいので端材を挟み込んで均等にしてから接着しています。

隙間を揃えます

いつものようにクランプで固定します。

今回は一辺が45センチを超えている為、既存のクランプでは長さが足りませんでした。

急遽長いクランプを追加で二本購入しました。まあこれからも使うと思うので急な出費ですが致し方無しです。

木工ボンドの接着が終わったので次はネジ止めをしていきます。木工用ネジで固定していきます。

構造上ネジ止めできない部分はダボで接合しました。最後は天板を構成する棒を接着して完成です。
最後のクランプです↓

木製フレームの棚塗装前完成
最後のクランプを外します

悲劇発生してました。上の設計図の⑥と⑦の縦横間違えてましたorz
高さ40の幅30とする予定が、高さ30の幅40で接着してしまったのです。
上の写真でも間違えてるのが判りますね・・・・
天板部分と縦棒の間の梁にあたる部分が10ミリはみ出ちゃってます。

もう「がちがち」で木工ボンドで接着してしまったので諦めました、無理に剥がすと部材が損傷する可能性がある為です。

塗装です

このまま使用しても良かったのですが、フローリングの色と合わせたかったのでいつものようにダイソーのウォルナットで塗装します。

何か製作するときの塗装はいつもダイソーのニスです。コスパ最強だと思います。

水性なので臭いもキツくなくて取扱いが楽なのでいつも良いですね。

1回目塗り終わりました。

木製フレームの棚塗装1回目後
1回目塗装完了

2回目塗り終わりました。

木製フレームの棚塗装2回目後
2回目塗装完了

3回目塗り終わりました。この辺りでこれ以上塗るかどうか迷走しています。

木製フレームの棚塗装3回目後
3回目塗装完了

4回目の塗り終わりです。もういいかな~。水性ニスは乾くと色が濃くなるので注意です。

木製フレームの棚塗装4回目後
4回目塗装完了

完成したのでフローリングに傷が付かないように足の裏側をフェルトで保護します。

いつものように近くで見ると細かいところはイマイチですがとりあえず撮影しました。
照明の加減かしれませんが若干、色が変わって見えます。

DIYの木製フレーム台が完成
完成!

そしてプリンターを乗せてみました!
これの上の空間にさらに木製ラックを増設しようと計画しております。

木製ラックのプリンターの台完成!
プリンターを載せたところ

まとめです

次のステップとしてはこの上の空間にまた新たな棚を追加する予定です。というか本来憧れたあのお店の棚みたいになってませんw

実はもう追加の棚も設計図も作成済みでかつ部材も購入済みなのですが、なんと一年以上放置しています。

最大の問題は、この棚と追加する棚との接続をどうするかが悩んでいます。ダボで接続するのが無難そうですが。
あと棚板をどうするかも思案中です。それもまた次回考えたいと思います。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました 。

-DIY, ライフ
-, , , , , , , , ,

Copyright© HAKATA生活 , 2021 All Rights Reserved.