グルメ ライフ

「アサヒスーパードライ生ジョッキ缶」飲んでみました!感想やレビューなど【ビール】

「アサヒスーパードライ生ジョッキ缶」飲んだ感想、最適な温度、注意点、感想などをご紹介。

BBQに行きたくなります

たまたま立ち寄ったコンビニで告知ポスターを発見!

ファミマで偶然見かけたのです「アサヒスーパードライ生ジョッキ缶」の告知ポスターがコンビニのガラス壁面に貼ってありました。

どうやら今までのプルトップ型のビールの缶ではなく缶詰のツナ缶のような蓋をパカっと開けるようなビールが新登場したということらしいです。

ビール好きな私ですが、このポスターを見た瞬間に「これは素晴らしい!」直感的に感動しました。
その勢いで店舗に入って2本購入してきました。

こちらがパッケージデザインです。とにかく「泡が出る!」のがウリのようです。

アサヒスーパードライ生ジョッキ缶パッケージデザイン

家に帰って最初の一本をまずは試すことに。因みにですが冷やした時間は4時間ほどです。上から撮影してみました。

※というか後から公式動画みてみると「6時間以上冷やしてね」って書いてました。やっちまったorz

アサヒスーパードライ生ジョッキ缶(上から)
ツナ缶を彷彿とさせます

そしてこのまま蓋をパカッとあけてみます。そんなに力を込めて強く引っ張らなくても大丈夫でした。

ここで驚きの光景が!

なんとスマホで写真を撮っている間に泡がどんどん盛り上がってくるではありませんか!

勝手に泡が盛り上がってきます!

どこまで行くのか見ていました・・・

アサヒスーパードライ生ジョッキ缶開けてみた
ここまで泡が!

そしてそのまま周りに泡が溢れました・・・

開けたビールをそのまま飲めば良かったんですが、何を勘違いしたのかサーモスのタンブラーに注いで飲もうと思ったために、一瞬よそ見したのが原因です。

サーモスの真空断熱タンブラー600mlと400mlでどちらが缶ビールに適しているのか検証してみた!!

と言うか「自分この商品のコンセプトを理解していないのでは?」と心配になりました。
これは確認せねばと「Asahi公式サイト」を訪れてみることに。公式ならば商品の正しい理解を深められるはずです。

生ジョッキ缶の商品コンセプトとは

公式サイトを見てみると驚きの結果が明らかに!

先ずはポイントを抜粋してみました。

Asahi公式サイトより

  • 全開のフタがビールの魅力をさらに引き出し、新感覚の家飲みを楽しめます!
  • キメ細かい泡と一緒に飲むことで、さらりとした飲み口に!
  • 口の中へビールが一気に押し寄せる!家でも、居酒屋で生ジョッキを飲んでいる雰囲気を味わえます。
  • 特殊な缶で、泡が自然発生!ずっと泡が出てくるので一口目の味わいやノドごしを何回も楽しめます
  • 動画をみると「6時間以上冷やしてください。」って書いてました!

なるほど!

改めて商品コンセプトを見るとそもそもグラスに注ぐ」というのはこの商品の根幹が理解できていなかったことを意味します(汗

そのまま「ぐびぐび」と飲むのが正しいスタイルなのです。

ビールを飲んでみての感想

気になるビールの味ですが普段の「スーパードライ」と同じ印象です。スーパードライは安定の旨さです。

飲んでいるときの感想ですが、プルトップの小さい隙間から喉にビールを流し込むといういつもの感じではなく、居酒屋でビールジョッキでビールを「ぐびぐび」いく感覚に近いです。感想を一言で表すならば「最高!」です。

蓋を開けたあとの缶の周辺って鋭利になってて危険なのでは?と思っていましたがまったく問題なかったです。怪我したりすることは無さそうなのでご安心ください。

どんな時にこのビールは本領発揮するか考えてみた

このビールが最も適しているのはアウトドアでのBBQの時に飲むのが最適なのではなかろうかなと思いました。開放的な屋外で生ビールを飲んでいる感覚に近いので「ビアガーデン」感も出て良いのではないかなと。

家で飲む時にはジョッキなりタンブラーなりに注げばいいのですが、アウトドアの場合はなかなかそういうことはしないです。パカッと開けてそのまま生ビールのようにがぶがぶ飲めるというシチュエーションを味わいたいのであれば、今回の「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」はうってつけですね。

これを飲んだ後は「あ~BBQ行きたいなあ~」としみじみ思いました。

大満足ですが一点だけ気になることが・・

一点だけ注意点がありました。私だけかもしれませんが蓋の裏側に結構ビールの泡が付いてきます。この蓋をどこに置けばいいのか悩みましたがテーブルの上に置いておいたら、後でビールの泡が液体に戻るのでそれが若干テーブルまでこぼれます。

今まで缶ビール飲むときには無かったポイントですが、フタと缶ビールが分離されたことによる弊害が出てしまうのかなと。
何が言いたいのかというと「テーブルがビールで濡れる」ということです。※もちろん大したことないです

 それでも生ジョッキで飲んでいる感じや、口当たりの良さ、ビアガーデン感も出るわでそれを差し引いても

アサヒスーパードライ生ジョッキ缶」はあり!!

だと思いました。

サントリー ザ・プレミアム・モルツのおまけジョッキ「うまいお店のこだわりグラス」が欲しくてケースで購入!

感想とまとめ

ここまで書いていて、改めて公式見てて驚いたんですが、この商品は現在(2021/4/11時点)店頭で品薄となっているようです。

出荷制限がかかっているみたいです。

やはり物珍しさも手伝って皆さん試してみたいと思われるのでしょうか。

勿論自分もそのうちの1人ですがコンビニの先行発売にたまたま出くわしたのはラッキーでした。

しかし改めて思うに、こういうコンセプトの商品が国内ビールメーカーではありそうでなかったのが不思議だなと思いました。

最後にまとめるとこんな感じでしょうか。

生ジョッキ缶のまとめ

  • 品薄です[2021/4/11時点]
  • 味は普段のスーパードライです、旨いです。
  • 蓋を開けてからぼ~っとしていると泡がこぼれます
  • 6時間以上冷やしてください。飲み頃温度は4~8℃です
  • このビールをタンブラーなどに注いで飲むのは本来の楽しみ方ではないようです

次に店頭でみかけた時は6本セットぐらいは購入しておこうと企んでいます。ファミマではレジ横にあったんですよねえ。今思うと残念です、買っとけばよかった。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

-グルメ, ライフ
-, , , , , , , ,

Copyright© HAKATA生活 , 2021 All Rights Reserved.