旅行

ハウステンボスのジュラシックアイランドを体験してきました! 感想と注意点等【旅行】

面白そうだけど「高いし良く判らないし」の謎なアトラクションに挑戦してみたお話です。

ちょっと前の話なんですがハウステンボスの AR シューティングに行った時の体験をお話ししたいと思います。
アトラクションの名前は ジュラシックアイランド「AR Shooting」です。

ジュラシックアイランド「AR Shooting」って何?

色々と設定などがあるようですが、実際に体験した感想から短めに表現すると、

スマートフォンを各自持ちながら森を探索し、AR(拡張現実内)の画面に出てくる恐竜を銃で倒す!」ゲームです。

屋外で楽しむアトラクションです。そしてその森はハウステンボスから六キロ離れた無人島にあります。

最初に言っておきますがメチャメチャ楽しいです

ただ時間を沢山消費します。
ハウステンボス公式によると「このアトラクションは結構時間かかります」と注意点が明記されています。どれくらい時間がかかるかというと

■ARシューティング 約2時間20分(片道40分+島での滞在時間60分)です。

なので結構時間かかります。

以前はパスポート対象外だった「ジュラシックアイランド」

初めてハウステンボスに行った時に年間パスポートを購入したんですが、その時このアトラクションはなんと「別料金」でした。
以前はいくらだったのかを確認してみたところ、パスポートで無料になる前の料金は2,100円(ハウステンボス⇔ジュラシックアイランド船賃も含む)でした。これは結構なお値段です。

家族4人だと8400円です。「これはちょっと・・」です。

深層心理レベルでこのアトラクションをスルーしていた理由を今思い出しました。

話はそれますが2019年夏時点でのハウステンボスの年間パスポートは何でも乗り放題ではなかったのです。
「年間パスポートをお持ちの場合でも別料金になります」というアトラクションが少なくなかったのです。
なんと観覧車も別料金でした。確か600円だったと思います。
他にも「光と噴水の運河クルーズ(400円)」とかですね。

最初それを見た時「?」状態でした。「パスポートの意味って!?」と困惑したのを覚えています。

昨年(2019年)の10月になってある日突然、ハウステンボスの年間パスポートの内容が更新されました。
このアトラクションもパスポート対象(つまり追加料金無し)に変更されたのです。

それもあって、2019年の冬に訪れた際にこのアトラクションにも初めて挑戦したのです。

アトラクションに参加するまでの準備

ハウステンボスの港であるパレスハーバータウンの奥の「マリンターミナル」に向かいます。
こちらは入口から歩いて15分ぐらいあるのでパークバスで移動した方が良いです。

■受付場所:ハーバータウン無人島ジュラシックアイランド発券所
で受付を行います。

■乗船場所:マリンターミナルに向かいます。

早速乗船です。無人島への探検船の名前は「モササウルス号」というらしいです。

モササウルス号inハウステンボス
内装きれいでした

自分達が乗船した時、既に出発時間ぎりぎりでしたがちゃんと座席に座れました。
船の定員が40名なので全員座れるように考慮されているのでしょうね。片道40分座れないのは確かにきついですからね。

その点はちゃんと考慮してくれています。

船の内部は結構しっかりとしていて内装も綺麗でした。
移動中の船の中ではアトラクションの説明、ハウステンボスの紹介映像等が流れていました。

ジュラシックアイランド行の船の中
ハウステンボスのCMを上映中

片道40分船旅を楽しみました。景色が奇麗なのでそんなに退屈はしませんでした。
この日は冬の日の曇りでしたが「晴れているともっと気持ち良かったろうな」と思いました。

「モササウルス号」が桟橋に到着したので下船しました。

海の水がとても綺麗です。

ジュラシックアイランド・桟橋を降りてすぐの海辺。水が奇麗です
桟橋から進みます。水が奇麗です

船着き場からアトラクションの入口(ベースキャンプ)まで徒歩で移動です。

途中には舗装などの無い道があります。
雨の日なんかだとぬかるんだりしているだろうし「大丈夫かな?」とは思いましたが、雨の日はそもそもアトラクション休止するでしょうね。
それぐらい山道は土むき出しの通路でした。

公式サイトで「天候により船の運行ダイヤは変わります」
と案内があることからこのアトラクションを、
絶対に」体験したい方は天気予報は「要チェック」です。

結構滑りやすい山道を手すりのロープを頼りに移動していきます。

ジュラシックアイランド。ベースキャンプへの道
雨の日とかは滑りそうな道です

車椅子などでの移動は厳しいかと思われます。※事前に説明はされると思いますが。

アトラクションのスタート位置のベースキャンプに到着すると説明の係の人がいてアトラクションの説明をしてくれます。

ジュラシックアイランドで隊長から説明があります
隊長から説明があります(10分ぐらい?)

説明の内容としてはこれから何をするかどのような武器を選択し、どのように使うかを説明してくれます。

AR シューティングですがVRではありません。
ヘッドマウントディスプレイユニットを装着するわけではなく、武器に装着されたスマートフォンの画面を山に向けると恐竜の足跡や姿が見えてくるというものです。拡張現実ですね。

シューティング開始!

早速開始です。

ちなみにこの画面などは撮影が禁止されているのでここからは残念ながらプレイ中の写真や映像は記事ではご紹介できませんのでご了承ください。

開始してあたりを探索しながら歩いていると、画面に警告が出てきます。
そちらの方向に銃口(+カメラ)を向けると地面に恐竜の足跡が見えます。
その足跡を頼りに周囲をさらに探索すると恐竜が現れるのです。

肉食恐竜は襲ってきます。その恐竜に向けて銃のトリガーを引くとAR中の恐竜にダメージを与えることができます。

基本的には自分一人でスコアを積み上げていくゲームです。

倒した恐竜の数によってスコアが自分の端末に記録されます。
注意点としては「草食恐竜」は撃ってはいけない事です。スコアが減ります。

恐竜に攻撃を受けると端末の画面にガラスのヒビが入ってダメージを受けているような効果エフェクトが発生します。
ダメージが蓄積すると攻撃が出来なくなります。
一定時間が経過すると回復します。

ファーストステージの広さは40×40メートルほどの区画になっておりそこから先はプレイヤーが移動できないように柵で囲んであります。
※広さは体感ですので実際とは異なるかもしれません。ご了承ください。

さっそく自分もエリアを隅々まで歩いて恐竜を探します。
が、なかなか恐竜が見つけらません。しかも草食恐竜撃ちまくってしまってヘロヘロでした。

上手な人はこのステージをクリアしてどんどん次のステージへ移動しているようですが、自分はクリアすることが出来ず焦りました。
恐竜が出てこないんですよね。何が悪かったんだろう。

迷子というか見当違いの場所を探索していると、アトラクションのスタッフが「こちらの方にはもう恐竜は出ないようですよ」って教えてくれます。
優しいです。

次のエリアでは大きな恐竜が頭上に出現して我々を襲ってきます。それに対して全員で攻撃を加えるステージが開始されます。
協力プレイでは無いのでしょうが、皆さん楽しそうに「ワーワー」言いながら頭上に向けて撃ちまくるのでこの時はMAXで盛り上がっていました。

このステージが終わると最終結果発表があります。
一番スコアの高かった人が発表されて皆からの拍手で讃えられます。(羨ましかったです)

アトラクションが終了すると受け取った武器を返却して再度、船着き場へと戻ります。

ゲーム後の微妙な疲労感も残ったまま、帰りも歩き難い道を戻りますので若干疲れます。
気を抜いたら転びそうです。

乗船してまた最初の「ハーバータウン」まで戻ります。帰りも当然「片道40分」です。

まとめと感想

時間に余裕があるならば、こちらのアトラクションはおすすめです。
なんといっても以前は2100円だった別料金が「パスポート対象」なのですから。
やはり往復80分という移動時間はちょっと考えものですが、一度体験しておくのも有りかなと思います。

ハウステンボスのARシューティング
捕まった恐竜が居ます

ただアトラクションの内容からすると、移動に40分もかかるような無人島まで移動しなくてもハウステンボスの
パークの中でも何とかなったのでは?」とは思いました。

アトラクション自体はとても楽しいものなのでそこが難点かもしれませんね。

あといたるところに恐竜やら古代生物が居てそのクオリティには圧倒されますよ。動く恐竜も居ました。

ジュラシックアイランドの恐竜たち
大迫力です

最後にポイントを纏めてみました。

ポイント説明備考
利用料金パスポート対象パスポートは必須です。
年齢制限13歳未満の方は、保護者の同意と同伴が必要未就学児などARゲームにご参加できない方も乗船のみは可能ですが、着桟後は船内や桟橋周辺で待機となります
また歩行および妊娠等で不安のある方は怪我などのリスクがありますのでご検討ください。
移動時間片道40分×2=80分ハウステンボスからの直線距離:約6kmなので結構かかります。船の乗船人数は40名です。
島の滞在時間約60分プレー時間は30分です   ※上と合わせて所要時間は「2時間20分」です
服装動きやすい服装で臨みましょうスカートやハイヒールだと厳しいです

でもまた行くと思います。楽しいのは間違いないです!!

今度は船の中で暇をつぶせるように準備を怠らないようにしていきたいと思いました。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

-旅行
-, , , , , , ,

Copyright© HAKATA生活 , 2021 All Rights Reserved.