DIY

ダイソンのスタンドが高かったので自作してみた! (予算¥2000以内)設計図、製作過程など【DIY】

ダイソンのスタンドを予算2000円で自分で作りました。設計図、製作過程など。

今回の記事ではダイソンのスタンドを自分で作った時の素材、設計図、予算、製造過程、実際に設置した時の状況などをまとめています。
製作したのは今から約3年前の2017年11月です。当時の設計図も発見したので掲載しました。

ダイソンの「スタンド高いなぁ」と思っている方、「DIYの道具もあるし作ってみるかな」という方への参考になると嬉しいです。

衝撃の事実!本体セットのみだとダイソンは縦置きできず

そもそも何でダイソンのスタンドが必要かといいますと縦置きしておいて使いたいときに「さっ」と取り外せる便利さに期待していたのです。
ですが。購入して気付きました

ダイソン本体セットの中に「収納用ブラケット」は付属していますが、それを縦置きするような機構は本体セットの中に含まれていません・
じゃあそもそもみんなどうしているの?と疑問が湧くのですが「収納用ブラケット」を壁にネジで固定しているのですね。
今までダイソン高くてユーザーになるとは想像もしてなかったんですが、そういう事ならスタンドは不要ですね。なるほどです。

当初は壁に固定することも考えて「最悪それでもいいか」と思っていました。
ですがやはりちょっと抵抗がありまして、しばらくスタンド無しで使ってみることにしました。

実際、どういう風に使うかというと、「収納用ブラケット」から延びたACアダプターを先ずコンセントに差します。
ですがスタンドがない場合、「収納用ブラケット」は当然床に「ごろん」と置くしか無いです。
結果的にダイソン本体も床に直置きしないと充電できないです。

数日使っていて色々と問題が見えてきました。

スタンドが無い場合のデメリット

  • 取り外し、使用後の充電の為の装着が煩雑で使い勝手が非常に悪い
  • 床に転がっていると邪魔
  • 見た目が悪い

一言でいえば「あり得ない」です。

ここではっきりと悟るわけです。「やはりスタンド必要だった!!」と。

正直ダイソンを買うまでの下準備が忙しくてスタンドの事まで意識が向いていませんでした。

話はそれますが、ダイソンは種類が数多く存在します。機種のグレードを調べておかないと安物買いの銭失いになるので要注意です。
型番によっては、連続動作時間が短かったり付属のアタッチメントが少なかったり、ターボモードが付いて無かったりするので綿密に事前調査する必要があります。

で、話を戻しますが、スタンドですが当初はネットで購入も検討しました。
調べてみると結構なお値段でした。大体どれも7千円~1万円ぐらいしていました。。(過去形)
※2020年現在はかなりお安くなっています

ダイソン本体もそこそこのを買ったんですが、やはり高い本体を買ったからには日常で使う場合にストレス無くスタンド状態の収納用ブラケットから取り外して使用したいものです。

ネットのいろんな製品を参考にスタンドの設計図を作成

自力で作ることを決めたので次は設計図が必要です。

設計図が無いとどれくらいの素材をどれくらいの分量必要なのか見当もつきません。

素材ですが、ある程度厚みがないとスタンドとして機能しないと思いました。最低でも厚さは1.5センチは必要だと思います。

ポイントとしては立て板とそれを支える土台の直角を維持することです。
ここをちゃんとしなければ強度が足りなくて本体ごと倒れたり、本体を装着したときに歪んでしまいます。

そのため、土台と立て板を保持するため補強材も部品に加えることにしました。

部品の概要

  • 立て板・・・・ここに「収納用ブラケット」をねじ止めします
  • 土台・・・・・立て板と90度に接合します
  • 補強材・・・・立て板と土台の接合を補強するものです

上記を踏まえて設計してみます。といっても部品は3点しかないので超簡単でした。

紆余曲折を経て設計図が完成しました。

ダイソンのスタンドの設計図
部品は3点です

設計図はいつもエクセルで作成します。

素材を調達にナフコとダイソーへ

完成した設計図を基にすると高さ110センチ、幅15センチぐらいの板があれば問題なさそうです。
問題は板の厚さですがこれを満たすような木材があるかどうかです。

素材の調達先はいつもナフコで購入します。たまにセールで木材を安く売っている時もあるのでいつもナフコです。
ここだと素材もカットしてくれますしおすすめです。

ナフコに到着して素材を探してみます。
板材の種類が豊富でした。すぐに丁度良い板材を発見できました。やはりナフコ品揃えが良いです。

素材の総額ですが、1560円だったようです。レシートを写真に撮ってました。2017年ですね。

後はダイソーでニスを購入しました。いつもの水性ニス「ウォールナット」です。

※ニスは別に塗らなくても問題ないので実質1300円もあれば素材の調達は可能です。

製作開始

家に戻って部品の切り出し開始です。部品点数が3点なので切り出しもすぐ終わります。
重要なポイントはやはり、垂直部分の立て板と土台との接合です。

垂直を維持するための補強板ですが、小さい部品の方が切り出すのはめんどくさかったりします。

手間だったのが土台部分です。適当な大きさの板が無かったのでもとからあった端材を横に3列並べて接合しています。

ダボ穴を開けて接着しました

この板も買ってくれば良かったんですが、端材が家にあったので流用しました。製作費に換算すると+150円ぐらいです。

全部の部品を切り出したところです。スタンドを構成する部品は「3個しかない」のであっという間です。

切り出し完了(立て板と土台と補強材)

次は収納用ブラケットから出てくるACアダプターのケーブルを通す穴開けです。そんなに大変な作業では無いです。
ACアダプターのケーブルが通れば良いので直径15ミリぐらいの穴を一か所開けます。

スタンドは今回塗装します。
無垢の板材だと床に置いたときにフローリングの色と合わずに浮いてしまいそうなので塗装することにしました。
塗料はいつもの「ダイソーの水性ニス、ウォールナット」です。
合計で3個購入しました。

塗装完了です

塗装が終わりましたので、組み立てに入ります。
今回は木工ボンドだけでは到底荷重に耐えられないので、ねじ止めが必要です。

土台と縦の板部分は底の方から3か所、木工用のネジで固定しました。

底の方はこんな感じです

本体を装着する立て板土台の接合が終わったので今度は補強材です。この部品を垂直に固定します。

この補強材が最も重要なので木工ボンドで接着後は、後ろ側、裏側(土台裏側)から2か所ビスで固定しています。

左写真の小さい板を右写真のように接合します

補強材の接合が完了したら、最後に収納用ブラケットを立て板に装着する必要があります。

収納用ブラケットから延びている、ACアダプターのケーブルを立て板の穴に通し、あとは本体付属のネジを板に留めるだけです。

完成したので設置しました!

早速設置してみました。

どうも土台のニスの塗り回数が多かったようで微妙にフローリングと色があってない気がします。
濃すぎたようです。ダイソーの水性ニスは乾いたときに深みのある色に変化するので調整が難しいです。私だけ?・・・

床の色と微妙に合ってない・・

裏側はこのようになっています。

穴は一個だけ開けました

下が補強材の部分のアップです。長く使用する為にはここを疎かにしてはいけないと思いました。

補強材は土台と縦板の90度を固定するために必要なのです。

この補強材が最も重要です

まとめと感想

初めてにしては良く出来たと思います。予算も結局2000円ぐらいでした。

設置してから3年使っていますが今のところ全く問題なく壊れる気配もなく使えております!

最後まで読んでいただきましてありがとうございました 。

-DIY
-, , , , , , ,

Copyright© HAKATA生活 , 2021 All Rights Reserved.